小牧市の美容皮膚科|ダイエット、脱毛、ヒアルロン酸、ボトックス、メソセラピー






TOP > 多汗症治療


ニキビ
ニキビ跡
シワ
シミ・ソバカス
小顔
若返り・アンチエイジング
薄毛
多汗症
メディカルダイエット
脱毛
体内美容
男性の悩み
内服・外用薬

イオン導入
エレクトロポレーション
リデンシティⅠ
フォトRF
グロースファクター皮膚再生療法
ボトックス注入
花粉症ボトックス
ヒアルロン酸注入
ハーグ療法
医療レーザー脱毛
メソセラピー
BNLS注射
サリチル酸マクロゴールピーリング
成長因子ピーリング
美容注射
血液レジュヴェ(オゾン)療法
高濃度ビタミンC点滴
水素吸入療法
ファインライトレッド


多汗症とは 多汗症ボトックスのメカニズム



多汗症とは、ワキや手、足の裏に多量の汗をかき、日常生活において支障をきたす状態のことです。当院での多汗症治療は、ワキや手、足の裏にボトックスを注入する事で発汗を抑える方法です。
注射だけで治療が出来るため、煩わしいアフターケアや日常生活への支障が全くありません。
ボトックスの多汗症治療の効果は約半年間持続します。
効果が持続している間は、どんなに汗が出やすい状況下でも汗が抑えられているため、汗のことを気にする必要がなくなり、いつも清潔でサラサラの状態で日常生活を快適にお過ごし頂けます。




体温の調節や緊張、ストレスなど精神的な変化によって脳から放出される、アセチルコリンという神経伝達物質が汗腺を刺激することで発汗を促します。 ボトックスはアセチルコリンの放出を抑える作用があるため、注入した周辺の汗腺からの汗を抑え、多汗症の症状が改善されます。


PAGE TOP










Copyright © 2013 Medical corporation Umeda and associates, Japan. All Rights Reserved.