小牧市の美容皮膚科|ダイエット、脱毛、ヒアルロン酸、ボトックス、メソセラピー
当院は、「医療機関広告ガイドライン」に従い、ホームページを順次変更しております。





TOP > 小顔


ニキビ
ニキビ跡
シワ
シミ・ソバカス
小顔
エイジングケア
薄毛
多汗症
メディカルダイエット
脱毛
体内美容
男性の悩み
内服・外用薬

イオン導入
エレクトロポレーション
フォトRF
グロースファクター皮膚再生療法
ボトックス注入
花粉症ボトックス
ヒアルロン酸注入
ハーグ療法
医療レーザー脱毛
メソセラピー
BNLS注射
サリチル酸マクロゴールピーリング
成長因子ピーリング
美容注射
血液レジュヴェ(オゾン)療法
高濃度ビタミンC点滴
水素吸入療法
ファインライトレッド


小顔ボトックスとは 小顔ボトックスのメカニズム
BNLS注射とは BNLS注射のメカニズム



エラが張って見える原因として元々の骨格や脂肪の他に『咬筋の発達』があります。
咬筋とはものを噛む時に使う筋肉のことで、必要以上に発達してしまうとエラが張り、輪郭が角ばって顔全体が大きく見えてしまいます。小顔ボトックスはこの咬筋の過剰な筋肉の働きを抑制してボリュームダウンさせる治療法です。


ボトックスには筋肉を動かす時に必要な、脳から放出されるアセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑える作用があります。
咬筋にボトックスを注入することによって、筋肉の動きを和らげ、注入後3~4週間くらいからダイエットに成功したときのように徐々にシャープになり、やがてほっそりとしたフェースラインになっていきます。個人差はありますが効果の持続は半年~1年程で、繰り返し注入することで持続時間が長くなり、筋肉そのものも縮小していきます。





BNLS注射は、顔痩せや小顔を目的に開発された新しい脂肪溶解注射です。
頬、アゴ下などの脂肪を落として、シャープで引き締まったフェイスラインを作ります。


BNLS注射は顔痩せや小顔を目的に開発された脂肪溶解注射です。頬、アゴ下などの脂肪を落としてシャープで引き締まったフェイスラインを作ります。
植物由来成分を主成分としており、腫れにくく、ダウンタイムがほとんどないのが特長です。


PAGE TOP










Copyright c 2013 Medical corporation Umeda and associates, Japan. All Rights Reserved.